Loading...

ジェネリック医薬品をご存知ですか

ジェネリック医薬費品とは

医療機関で医師から処方され調剤薬局で受ける医療用医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、有効成分、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として申請され、厚生労働省の認可のもとで製造・販売された安価な薬です。

ジェネリック医薬品の安価の理由は

新薬は、成分の開発、有効性や安全性の確認などで多額の投資が必要とされています。これに対し、ジェネリック医薬品は既に臨床で使われ有効性や安全性が確認されていることから、コストを抑えることができ、安価な薬を提供することができます。

ジェネリック医薬品を使用することで

風邪薬など短期間での服用についてはさほど変わりませんが、生活習慣病(糖尿病、脂質異常症、高血圧等)などの慢性的な病気で、長期にわたり服用が必要な場合は、自己負担額が軽減されます。

また、国民健康保険(大雪地区広域連合)が支払う額も軽減されますので、国民健康保険制度の安定した運営にもつながります。

ジェネリック医薬品を希望するために

病院などで受診した際、ジェネリック医薬品の処方をお願いしたいが、なかなか言い出しにくい場合は、この「ジェネリック医薬品希望カード」を医師又は薬剤師に渡してください。

なお、ジェネリック医薬品を処方できない場合もありますので、医師又は薬剤師と相談してください。

※「ジェネリック医薬品希望カード」は、保険証更新時もしくはお住まい町の役場窓口にて配布しております。

北海道上川郡東川町1丁目16番1号(東川町役場内)
TEL: 0166-82-3697 / FAX: 0166-82-3618
Email: taisetu.kouiki@town.higashikawa.lg.jp

広域連合について