Loading...

国民健康保険の加入について

国民健康保険に加入する方

勤務先の健康保険や共済組合等に加入している方、生活保護を受けている方などを除いて、その市町村に住んでいる75歳未満の方は、皆さんが国民健康保険(国保)の加入者(被保険者)になります。

国保に加入する資格のある方は、全員加入の義務があります。

一人ひとりが被保険者となりますが、国保に加入するときは世帯単位の加入となります。

届出はお早めに

国保に加入する方、やめる方、年金を受給することとなった方は、資格を得た日や資格のなくなった日(事実が発生した日)から14日以内に各町の「国保」の窓口へ届け出てください。

また、住所等の変更がある場合も届け出てください。

届出はお住まいの役場窓口となります

東川町 定住促進課 住民室 URL【https://town.higashikawa.hokkaido.jp/living/welfare/national-health-insurance.php
0166-82-2111
美瑛町 保健福祉課 国保医療係 URL【http://town.biei.hokkaido.jp/life/insurance/national-health-insurance.html
0166-92-4262
東神楽町 健康ふくし課 ふくしグループ URL【https://www.town.higashikagura.lg.jp/docs/99.html
0166-83-5430
こんなとき 届出に必要なもの
国保に加入するとき ・他の市町村から転入したとき 印鑑、前住所地の転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき 印鑑、被扶養者でない理由の証明書
子どもが生まれたとき 印鑑、保険証、母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、生活保護廃止決定通知書
生活保護を受けなくなったとき 在留カード等
国保を脱退するとき 他の市町村に転出するとき 印鑑、保険証
職場の健康保険に加入したとき 印鑑、国保と職場の健康保険証(未交付の場合は、加入を証明するもの)
職場の健康保険の被扶養者になったとき
被保険者が死亡したとき 印鑑、保険証
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、保険証、生活保護開始決定通知書
外国籍の人が脱退するとき 保険証、在留カード等
その他の届出 住所(町内転居)、世帯主、氏名が変更になったとき 印鑑、保険証
世帯分離、世帯合併したとき 印鑑、保険証
修学のため、別に住所を定めるとき 印鑑、保険証、在学証明書
保険証をなくしたり、汚れて使えなくなったとき 印鑑、身分を証明するもの(使えなくなった保険証など)

退職者医療制度

会社などを退職された方には「退職被保険者」の保険証が交付されます。

国民健康保険に加入している方で、厚生年金や共済組合の老齢年金を受けられる方とその方に扶養されている方については届け出が必要です。

注:その年金制度に20年以上加入している方、または40歳以降に10年以上加入している方。

※平成27年4月から退職者医療制度への新規適用はなくなりました。

このページの情報に関するお問い合わせ先

大雪地区広域連合 国民健康保険対策室 TEL:0166-82-3697

北海道上川郡東川町1丁目16番1号(東川町役場内)
TEL: 0166-82-3697 / FAX: 0166-82-3618
Email: taisetu.kouiki@town.higashikawa.lg.jp

広域連合について